LHZuoteng 新分野への旅 (新领域之旅/新領域之旅/신 분야로의 여행)

让我们到新的领域!(外语、地理与历史、政治与经济 / Vocaloid) 等我地去新嘅領域去啦!(外文、地理與歷史、政治與經濟 / Vocaoid) 새로운 분야를 여행 가자!(외국어, 지리와 역사, 정치와 경제 / 보컬로이드)

韓国語と朝鮮語の違い

こんにちは。Zuotengです。

你好吗?我是Zuoteng。

안녕하세요. Zuoteng 이에요.

Здравствуйте. Я Zuoteng.

 

今回は、自己紹介シリーズのときに話題に出た、

 

『韓国語と朝鮮語の違い』

 

について話したいと思います。

f:id:LHZuoteng:20161009212713p:plain

訓民正音(イメージ)

 

 

韓国・朝鮮語 分断の背景

まずは韓国語と朝鮮語に別れることとなってしまった経緯を簡単に説明します。

(『韓国語』は大韓民国で用いられている言語、『朝鮮語』は朝鮮民主主義人民共和国で用いられている言語、『韓国・朝鮮語』はその総称を指す事とします。)

 

1945年、第二次世界大戦終結し、日本は多くの植民地を失いました。そのうちの一つが朝鮮半島なのです。他には台湾、満州国などがありました。

 

その後、日本統治時代が終わった朝鮮半島を二つの国が統治しました。

アメリカ合衆国ソヴィエト社会主義共和国連邦です。

 

しかし、この二つの国は根本にある思想が異なるために、戦後対立を深めていきました。これが『冷戦(冷たい戦争)』です。 詳しくは後に。

 

1948年、アメリカとソヴィエト連邦の統治が終わり、朝鮮半島に二つの国家が誕生しました。

北緯38度以南の旧アメリカ統治域には、資本主義国家で、이 승완(李 承晩/i sɯŋwan/)を初代大統領とする大韓民国が、

北緯38度以北の旧ソヴィエト連邦統治域には、社会主義国家で、김 일성(金 日成/kim iɭssɔŋ/)を最高指導者とする朝鮮民主主義人民共和国が、

それぞれ建国されました。そして時が経つに連れ、お互い全く別の方向へすすんで行きます。そして言語も二つに別れてしまったのです。とは言っても根本は同一言語なので、意思疎通が完全に不可能というほどではありません。

 

では韓国語と朝鮮語の違いを見ていきましょう。

 

語頭法則

 

韓国語には、中国語由来の単語、すなわち漢語の発音と綴りに朝鮮語に見られない特徴があります。結論から言いますと、韓国語の漢語には、

『語頭法則』

が成り立つのです。語頭法則とは、トルコ語などのテュルク語族の言語、そしてその近縁と考えられているモンゴル語や韓国・朝鮮語、日本語などに見られる法則で、SOV語順と共に日本語や韓国・朝鮮語がテュルク語族や、より大きい言語集団、アルタイ諸語に属するとされるときの根拠の一つでもあります。

具体的には、「語頭にRが非常に来づらい」という法則です。しりとりをした時、ら行に当たると他の行より単語が出づらいということはありませんか?まして「和語限定しりとり」をしたら、ら行に当たった人はほぼ確実に負けます。乗り切った方は秀逸な語彙の持ち主です。

ただし、中国語由来である漢語や、多くが英語などの西洋語由来である外来語は語頭法則が当てはまらないので、ら行で始まる言葉は多くあります。

 

この法則は前述の通り韓国・朝鮮語にも見られ、漢語でも外来語でもない単語でRから始まる単語は極めて稀です。

そして、大韓民国で用いられている韓国語では、漢語にも語頭法則を適用させているのです。では具体例を見ていきましょう。

 

具体例

左から、韓国語朝鮮語、漢字と意味、の順です。

韓国語、朝鮮語の発音記号の隣の()内はあくまで簡易中の簡易の読みです。

 

1,내년/nɛnjɔŋ/(ネニョン)래년/ɽɛnjɔŋ/(レニョン)、來年(意味はそのまま)

2,내일/nɛiɭ/(ネイル)래일/ɽɛiɭ/(レイル)、來日(明日)

3,냉방/nɛŋbaŋ/(ネンバン)랭방/ɽɛŋbaŋ/(レンバン)、冷房(意味そのまま)

4,나침반/nat͜ɕʰimban/(ナチンバン)라침반/ɽat͜ɕʰimban/(ラチンバン)羅針盤(方位磁針)

5,노동/nodoŋ/(ノドン)로동/ɽodoŋ/(ロドン)、勞動(労働)

6,낙원/nagwɔn/(ナグォン)락원/ɽagwɔn/(ラグォン)、樂園(意味そのまま)

7,여행/jɔɦɛŋ/(ヨヘン)려행/ɽjɔɦɛŋ/(リョヘン)、旅行(意味そのまま)

8,역사/jɔk̚ssa/(ヨクサ)력사/ɽjɔk̚ssa/(リョクサ)、歷史(意味そのまま)

9,요리/joɾi/(ヨリ)료리/ɽjoɾi/(リョリ)、料理(意味そのまま)

10,이유/iju/(イユ)리유/ɽiju/(リユ)、理由(意味そのまま)

 

人名

続いて人名

11,이/i/(イ)리/ɽi/(リ)、李(名字)

12,임/im/(イム)림/ɽim/(リム)、林(名字)

 

地名

最後に地名

13,양강도/jaŋgaŋdo/(ヤンガンド)량강도/ɽjaŋgaŋdo/(リャンガンド)、兩江道(朝鮮の行政区)

14,나선/nasɔn/(ナソン)라선/ɽasɔn/(ラソン)、羅先(朝鮮の特別市)

 

さて、ここで挙げたものはまだまだ一部に過ぎませんが、規則性は見えてきたでしょうか。

 

語頭法則のまとめ

ずばり、韓国語の漢語における語頭法則は、

 

変化A,『語頭のRがNになる』

変化B,『語頭のRが無くなる』

 

のどちらかです。例単語の1〜6、14は変化Aを起こしており、例単語の7〜13は変化Bを起こしています。では、変化Aか変化Bかを決める条件とはなんでしょうか。

ヒントは元の発音(朝鮮語読み)のRの直後の音です。

(大文字ローマ字はローマ字転写したものを表す。発音記号ではない。)

 変化Bを起こした例のRの直後は、YかIが来ています。IPAで言う/j/か/i/です。

なんだか複雑ですが、今回は例示しなかった三つ目の変化ですっきりわかるかと思います。

 

変化C,『語頭のNIはIに、NYはYになる』

 

どうでしょう。Nから始まり、直後にIかYが来た単語ではNが消えてしまうのです。すると変化Bは、

変化AよりRI→NI、RY→NYとなり、さらに変化Cを起こしてNI→I、NY→Yとなります。合わせるとRI→I、RY→Yとなっていますよね。これが変化Bです。

 

変化を起こす韓国語も慣れればある程度字を推測できますが、漢語に語頭法則が適用されない朝鮮語では漢語の読みが日本語と酷似します。意味も似たものが多いので、少しの助詞、助動詞と漢語読みの規則性だけおさえておくとあっという間に韓国・朝鮮語が話せるようになります。発音が難しいですが。

 

 語彙(単語)の違い

さて、続いての差異は、発音よりも語彙自体に関係します。

 

その差異とは、

 

借入語(外来語)の元

固有名詞

 

の二つにあります。

 

借入語

借入語に関しては朝鮮語の方の語彙が少ないので例示は無しにしておきますが、韓国語がアメリカの言語、つまり英語から多く借入しているのに対し、朝鮮語は政治的に近かった中国の中国語からの借入語(つまり漢語)が多く、ソヴィエト連邦からのロシア語の借入語もあります。そのため、日本語で言うカタカナ語が、韓国語と朝鮮語では綴りと発音が異なるということがよくあります。韓国語では(発音が少し異なるが)エレベーターと言い、朝鮮語では昇降機と言う、といったところです。

 

固有名詞

 固有名詞については、タイトル『韓国語と朝鮮語』という表現が表しているとおりで、「国に関すること」の表現が変わってきます。

 

では例を見ていきましょう。各地域で一般的な名称を英語、韓国語、朝鮮語、日本語の順で挙げていきます。

 

英:South Korea 

韓:한국 /hanguk̚/ (ハングク) (韓國)

朝:남조선 /namd͜ʑosɔn/ (ナムヂョソン) (南朝鮮)

日:韓国

 

英:North Korea 

韓:북한 /pukʰan/ (プッカン) (北韓)

朝:조선 /t͜ɕosɔn/ (チョソン) (朝鮮)

日:北朝鮮

 

英:Koreans 

韓:한민조 /hanmind͜ʑok̚/ (ハンミンヂョク) (韓民族)

朝:조선민족 /tɕosɔnmind͜ʑok̚/ (チョソンミンヂョク) (朝鮮民族)

日:朝鮮民族

 

英:Korean Language

韓:한국어,한국말 /hangugɔ/,/hanguŋmaɭ/ (ハングゴ,ハングンマル) (韓國語,韓國말)

朝:조선어,조선말 /t͜ɕosɔnɔ/,/t͜ɕosɔnmaɭ/ (チョソノ,チョソンマル) (朝鮮語,朝鮮말)

日:韓国語 または 朝鮮語

 

英:Korean Peninsula

韓:한반도 /hanbando/ (ハンバンド) (韓半島)

朝:조선반도 /t͜ɕosɔnbando/ (チョソンバンド) (朝鮮半島)

日:朝鮮半島

 

英: Yellow Sea 

韓:서해 /sɔɦɛ/ (ソヘ) (西海)

朝:조선서해 /t͜ɕosɔnsɔɦɛ/ (チョソンソヘ) (朝鮮西海)

日:黄海

 

英:Sea of Japan 

韓:동해 /toŋɦɛ/ (トンヘ) (東海)

朝:조선동해 /t͜ɕosɔndoŋɦɛ/ (チョソンドンヘ) (朝鮮東海)

日:日本海

 

 固有名詞のまとめ

このように、国の名称が入る固有名詞などは韓国では主に「韓〜」、「韓国〜」と言う表現が一般的で、朝鮮では「朝鮮〜」と言う表現が一般的です。

 

おわりに

ちなみに、英語のスピーチの原稿にあるまとめも載せると、

長い歴史はお互い異なった文化を創りました。私たちは互いの国民や文化を理解しなければなりません。そして東アジアを平和にしましょう。

と言う文でスピーチが終わります。

 

今回はスピーチの内容の直訳に留まらず、より詳しい内容も多少入れました。

 

次回予告

日本語、中国語、韓国・朝鮮語の『漢語』

 

今回は韓国・朝鮮語に視点を当てましたが、次回はもう少し広い地域の言語学です。

キーワードは『漢字文化圏

 

 

lhzuoteng.hatenablog.jp

 

では。

再见。

안녕히 계세요.

Да свидания.

 

1991年12月16日 Қазақстан (Qazaqstan:カザフスタン)がソヴィエト連邦から独立した日