読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LHZuoteng 新分野への旅 (新领域之旅/新領域之旅/신 분야로의 여행)

让我们到新的领域!(外语、地理与历史、政治与经济 / Vocaloid) 等我地去新嘅領域去啦!(外文、地理與歷史、政治與經濟 / Vocaoid) 새로운 분야를 여행 가자!(외국어, 지리와 역사, 정치와 경제 / 보컬로이드)

シリーズ中央アジア #3 アルメニア共和国

中央アジア 地理

Բարեւ. Ես Zuoteng:

 

前々回から続く中央アジアシリーズですが、今回は第三回になります。今回紹介するのは、前回紹介したアゼルバイジャン共和国の隣国、アルメニア共和国の紹介です。
(注:アルメニア中央アジアではなく、アルメニア人はテュルク系でもありませんが、関連が強いと思ったので紹介します。)

 

 

 

 

1.国名

 

 日本(含め多くの国)では、一般的に「アルメニア」と呼ばれていますが、現地での呼び方はハヤスタン(Հայաստան /hɑjɑst'ɑn/)です。同様に、アルメニア語の事をハイェレン(Հայերեն /hɑjɛɾɛn/)、アルメニア人の事をハイェル(հայեր/hɑjɛɾ/)またはハイクと呼びます。単数形はハイです。以下、この現地での呼称に準じて進めていきます。ただ、わかりやすくするため、二重表現にはなりますが、ハイェレン語、ハイェル人とします。

 正式名称はハヤスタン共和国。ハイェレン語で(Հայաստանի Հանրապետություն)です。
 発音はハヤスタニ ハンラペトゥテュン、発音記号表記で/hɑjɑst'ɑni hɑnɾɑp'ɛt'utʰjun/です。
 首都はイェレヴァン(Երևան/jɛɾɛvɑn/)で、紀元前8世紀には要塞が築かれたという古都です。

 

 

2.国旗と国章

 

f:id:LHZuoteng:20170213003204p:plain

 

f:id:LHZuoteng:20170213003227p:plain

国旗の赤色は、過去に流されたハイェル人たちの血を、青色は国土の大地や自然を、黄色は国民の労働と勇気を表しています。

 国章は、ハヤスタンの象徴である鷲と獅子が盾を抱えています。中央の盾は、ハヤスタンの歴史を表す四つの部分と、中央の部分から成ります。四つの絵は、左下→右上→左上→右下の順です。
左下の青地には、紀元前1世紀のハイク王国を表す、二羽の鷲と菊が描かれています。右上の青地には、1世紀のアルシャクニ朝、そしてキリスト教をもたらしたローマ帝国の象徴である双頭の鷲です。左上の赤地に描かれている十字を持った獅子は、9世紀のバグラトゥニ王朝を表しています。右下は、11世紀のキリキア王国を表します。
盾の中央の山はアララト山です。現在はトルコ領ですが、歴史的にはハヤスタンとも関わりが深いです。アララト山の上の船は、ノアの箱舟だそうです。
鷲と獅子の足元にあるものは、布片がハヤスタンの旗、切れた鎖が自由と独立、小麦の束が勤勉と実り、羽ペンが文化、剣が民族の力強さを表しています。
 ソヴィエト連邦時代の国章にも、ハヤスタンの農業を表す小麦と葡萄、そして象徴のアララト山が描かれていました。

 

 

3.国歌

 


National Anthem: Armenia - Մեր Հայրենիք

国歌は『我が祖国』。ハイェレン語で ”Մեր հայրենիք /mɛɾ hɑjɾɛnikʰ/”です。

 

-歌詞-
Մեր հայրենիք, ազատ անկախ,
Որ ապրել է դարեդար
Իր որդիքը արդ կանչում է
Ազատ, անկախ Հայաստան։

Ահա եղբայր քեզ մի դրոշ,
Որ իմ ձեռքով գործեցի,
Գիշերները ես քուն չեղա,
Արտասուքով լվացի։

Նայիր նրան՝ երեք գույնով,
Նվիրական մեկ նշան
Թող փողփողի թշնամու դեմ
Թող միշտ պանծա Հայաստան։

Ամենայն տեղ մահը մի է
Մարդ մի անգամ պի՛տ մեռնի,
Բայց երանի, որ յուր ազգի
Ազատության կզոհվի։
(Wikipediaより)

 

-日本語訳-
私たちの祖国 自由で独立した
何世紀にもわたり
息子は今も呼び続けている
自由で 独立したハヤスタン

我が兄弟よ 汝が為の旗
我が縫い付け
夜の眠らず
涙を以て清めた旗だ

三色の旗を見よ
我らにとって高貴な象徴
その旗を敵に照らそう
汝よ ハヤスタンに 永遠に栄光あれ

死はどこでも同じだが
人は死ぬが一度
国家の自由のために
死ねたのなら光栄だ

 


4.国土と地理

 

f:id:LHZuoteng:20170213003347p:plain



f:id:LHZuoteng:20170213004822p:plain

国土面積は約2万9800平方km。ベルギーや関東地方と同程度です。
時差は5時間。イェレヴァン0:00=東京5:00、イェレヴァン7:00=東京12:00、イェレヴァン12:00=東京17:00、イェレヴァン18:00=東京23:00、イェレヴァン19:00=東京24:00が目安です。

 

f:id:LHZuoteng:20170213003422j:plain

ハヤスタン最高の山はアラガツ山(Արագած/ɑɾɑgɑts'/)で標高は4090mです。富士山に東京タワーを乗せたより少し低いぐらいの高さです。小カフカス(コーカサス)山脈の最高峰です。

 

f:id:LHZuoteng:20170213003518j:plain

ハヤスタン最大の河川はアラクス河(Արաքս/ɑɾɑkʰs/)で、全長1072km、流域面積10万2000平方km、流域にはトルコ、アゼルバイジャン、イランが含まれます。

f:id:LHZuoteng:20170206015403j:plain

 

f:id:LHZuoteng:20170213003613j:plain

最大の湖はセヴァン湖(Սևանալիճ/sɛvɑnɑld͡z/)で、面積は1260平方km、最大水深は83mです。

 


5.国民

 

ハヤスタンの人口は約300万人で、モンゴルや茨城県と同程度です。人口密度は約101人/平方kmで、オーストリアや島根県高知県ほどです。

 

f:id:LHZuoteng:20170213005836p:plain

 民族構成は97.9%がハイェル系です。その他は、ロシア系、アッシリア系などが少数ながら住んでいます。

 

f:id:LHZuoteng:20170213005917p:plain

 ハイ使徒教会が圧倒的多数です。キリスト教の一宗派ですが、南西ヨーロッパ・中南米カトリック教会とも、北ヨーロッパ・北米のプロテスタント系、東ヨーロッパの正教会のいずれとも異なる独特な宗派です。

 


6.経済

 

通貨はドラム(Դրամ /dɾɑm/)、正式にはハイカカン・ドラム(Հայկական Դրամ/hɑjk'ɑk'ɑn dɾɑm/)です。大まかな目安としては、1ドラム=0.2~0.25円、1円=4~5ドラムです。


 GDPは約5兆3000億ドラム。日本円にすると約1兆2000億円。マケドニアマダガスカル、マルタ程です。一人当たりのGDPは約156万ドラム、約36万円。スリランカインドネシアほどです。
 主な産業として、農業部門ではブドウなどの果樹栽培があります。また、ヒツジの放牧が盛んな地域もあります。鉱工業部門では、銅、モリブデンの採掘・加工、ダイヤモンドの加工があります。水力資源が豊富なため、多くの電力を要するアルミニウムの精錬も行っています。その他、IT産業や食品加工産業が盛んで、ブランデーの生産で有名でもあります。

f:id:LHZuoteng:20170213003710j:plain


 貿易に関して、主な輸出先はロシア、ブルガリア、中国など、輸出品は鉄や銅の他、金やダイヤモンドなどの貴金属、ブランデーなどの食品も盛んです。日本に対しては化学製品や有機化合物、たばこを輸出しています。一方輸入に関しては、主な輸入先がロシア、中国、ドイツなど、輸入品は食料品、たばこ、医薬品などです。日本からの輸入は、機械類、輸送用機器、鉄鋼があります。

 


7.世界遺産

 

f:id:LHZuoteng:20170213003804j:plain

  ハヤスタンには三つの世界文化遺産があります。一つは、コタイク地方のゲガルド修道院、(Գեղարդի վանք /gɛʁɑɾdi vɑnkʰ/)です。世界で最初にキリスト教を国教と定めた国の、最古級の教会です。4世紀ごろに創建されたとされています。ゲガルドという名は、ハイェル語で「槍」を意味しますが、これは、十字にかけられたキリストのわき腹を刺したという話に登場する聖槍、ロンギヌスの一部が見つかったことからこの名がつきました。

 

f:id:LHZuoteng:20170213003907j:plain

f:id:LHZuoteng:20170213004008j:plain


  二つ目はエジミアツィンの大聖堂(Էջմիածնի Մայր տաճար/ɛdʒmiɑts'ni mɑjɾ t'atʃ'aɾ/)と教会群、ズヴァルトノツの考古遺跡(Զվարթնոց/dzvɑɾtʰnotsʰ/)で、7世紀、アルマヴィル地方に創建されたものが中心となっています。

 

f:id:LHZuoteng:20170213004048j:plain

f:id:LHZuoteng:20170213004132j:plain

 そして三つめは、ハグパット修道院(Հաղպատավանք/hɑʁp'ɑt'ɑvɑnkʰ/)とサナヒン修道院(Սանահին վանք/sɑnɑhin vɑnkʰ/)です。ハグパット、サナヒン共に10世紀、ロリ地方に建てられました。

 

 

8.言語(ハイェル語)

 

 とは言ってもハイェル語とは何ぞや、という人の方が多いと思うので、とりあえず見てみてください。

 

Հայ ժողովուրդը, հիմք ընդունելով Հայաստանի անկախության մասին հռչակագրում հաստատագրված հայոց պետականության հիմնարար սկզբունքները եւ համազգային նպատակները, իրականացրած ինքնիշխան պետության վերականգնման իր ազատասեր նախնիների սուրբ պատգամը, նվիրված հայրենիքի հզորացմանը եւ բարգավաճմանը, ապահովելու համար սերունդների ազատությունը, ընդհանուր բարեկեցությունը, քաղաքացիական համերաշխությունը, հավաստելով հավատարմությունը համամարդկային արժեքներին, ընդունում է Հայաստանի Հանրապետության Սահմանադրությունը:

 

ハヤスタン憲法の前文です。

 

 見てわかる通り、ハイェル語は特有の文字であるハイェル文字を使います。

  ヨーロッパの言語の多くはインド・ヨーロッパ語族という言語・民族グループに属します。ハイェル語もまたインド・ヨーロッパ語族ですが、この語族の中ではかなり特殊な言語です。英語やドイツ語はゲルマン語派、イタリア語やフランス語はロマンス語派、ロシア語やポーランド語はスラヴ語派と、大半の言語はさらに近い言語同士で「語派」を形成するのですが、ハイェル語は、どの語派にも属していないのです。どの語派にも属さない言語は、ギリシャ語やアルバニア語などもありますが、これらの言語とハイェル語との間にも関係はありません。
 ハイェル語には、西方言、東方言と言われるものがあります。これは、ハヤスタン東部、西部という区分ではなく、ハヤスタン国内で公用語とされているものが東方言、国外のハイェル人の間で話されているものが西方言という区別になっていて、発音や綴りなどに若干の差が見られます。

 

9.おわりに


 ハヤスタンに少しは興味を持っていただけたでしょうか。もし万が一、時間とお金と興味があれば現地の様子を僕の代わりにも見ていただきたいです。

 

 

lhzuoteng.hatenablog.jp

 

 

それでは今日はこのあたりで。
Ցտեսություն.

 

1961年 2月12日 

ソヴィエト連邦の金星探査機、Венера-1 (Venera-1:金星の意味)が打ち上げられた日。